汗には「痩せる汗」と「肥る汗」があるのをご存知ですか?

夏は沢山汗をかくから痩せると聴いた事があります。

体内の水分が、汗となって排出される事でどんな運動方法でも痩せる事が出来るのでしょうか。

発汗によるダイエットについて効果的な方法を調べました。

汗をかくと痩せ易い体になるといいます。グラマラスパッツヒートシェイプを辛口評価!効果的な使い方や本音の口コミ体験談などを暴露!

入浴やサウナに入った後に体重測定すると、痩せていた経験を持つ方は多いと思います。

しかし、入浴後は発汗により体内の水分が減っただけで水分補給により元に戻ります。

発汗によって、ダイエットの鍵である体脂肪を減らす事は出来ません。

体内に老廃物や毒素が溜まっていると、脂肪燃焼をする事が出来ずダイエットの妨げになります。

サウナに入る、サウナスーツを着て運動するなどして大量の汗をかくと、体内の老廃物や毒素を体外に排出する事で脂肪燃焼しやすい体になります。

痩せる汗とはどんな汗でしょうか。

汗には「痩せる汗」と「太る汗」があります。

発汗時に、体脂肪の燃焼に必要なミネラルが排出されると脂肪が燃え難くなります。

「痩せる汗」とは、サラサラした小粒の汗なのです。

反対にミネラルが排出される「太る汗」は、べたべたした大粒の汗です。

べたべたした大粒の汗は、汗腺機能の低下が原因です。

夏にエアコンの効いた室内で過ごすと汗をかかなくなります。

サウナや岩盤浴を利用する事や、時々外へ出て運動する事で発汗の機会を増やして汗腺機能を正常にして下さい。

運動や入浴後は脱水症状にならない様に水分補給をして下さい。

発汗の機会を増やして、サラサラで小粒な「痩せる汗」を目指しましょう。